• Home 喪中はがきのマナーについて

喪中はがきのマナーについて

喪中はがきは、直近1年の間で近親者に不幸があったときに毎年年賀状を出していた相手に年賀欠礼状として喪に服していることを伝えて翌年の年賀状の賀詞を遠慮する旨を知らせるために出す案内のはがきのことです。先方が年賀状を書く時期に間に合うように作成するのがマナーです。11月中旬から12月15日までに届くようにというのが目安とされます。近親者とする範囲がどこまでとするかはケースバイケースですが、父母と兄弟姉妹は近親者とみなす場合が一般的です。義父や義母も同様で配偶者の両親ですから近親者と考えて差し支えありませんが、もし仕事上の都合などで年賀状を夫婦別々に作成して出していた場合であれば年賀状を送ることもあります。また、身内や親戚などは不幸があったことを当然わかっているので喪中はがきを送る必要はありません。比較的疎遠の親類で訃報を知らせていなかった場合ははがきを送るようにします。
喪中はがきには、まず冒頭に喪中の案内であることがわかる挨拶文を入れます。そして誰が、いつ亡くなったのかをわかるようにします。毎年のように年賀状をやり取りしている友人や同僚、上司などのほか、特にこの年に先方にお世話になっており本来ならば年賀状を出したい相手に出します。喪主であれば、故人が生前年賀状をやり取りしていた友人知人と故人の葬儀に参列してくださった方にも案内を送るようにします。仕事上の関係者にはプライベートなことになるため、故人の葬儀に参列してくださった場合でも案内を送るか否かは上司に相談したほうが賢明かもしれません。
また、はがきには喪に服していることのほかに日ごろのお付き合いに対する感謝の言葉を入れたり、新しい年に関する挨拶文として、変わらないお付き合いを願う言葉や変わらない支援を願う言葉を入れるようにします。旧年中に出す場合は日付が12月となります。季節を表す季語の言葉や、拝啓などの冒頭の言葉、敬具などの結語は不要です。文中の句読点なども使用しません。
喪中のはがきで初めて友人や知人の身内に不幸があっあことを知る場合もあります。そのときは寒中見舞いはがきを出し、訃報を知らなかった旨を率直に述べお悔やみを伝えるようにします。訃報を既に知っていて、葬儀にも参列していたような場合でも、寒中見舞いはがきを出して労りの言葉を伝えることもできます。
喪の期間は宗派や習慣、地方で異なりますが両親の場合は1年とすることが多いです。