仮想デスクトップで並行作業が効率的に

仮想デスクトップとは1台のパソコンで複数のデスクトップを作成し、マルチディスプレイ環境のように独立してデスクトップを管理できる機能です。メインのデスクトップはワープロソフトとブラウザ、仮想デスクトップでは表計算ソフトとテキストエディタなどと、複数の作業を平行して進められます。2つのデスクトップはタスクビューで切り替えして使うことになります。デスクトップごとに複数のアプリを並べて使うことができるので、作業領域が広げられ効率よく仕事を進めることができます。それぞれの用途を分けておくことで、アプリを閉じたり開いたりすることなく、スムーズな切り替えが可能です。仮想デスクトップは自由に増減でき、起動アプリをドラッグ&ドロップで移動することもできます。ノートPCなどの小さな画面では特に使いやすさを実感できるでしょう。


仮想デスクトップにして安心してパソコンを使おう

現在はネット社会なので、パソコンを使わないと多くの情報を取り入れることができなくて、社会で生きていくことができなくて苦労します。会社を経営していくとなるとパソコンが無いと業務を行うことができずに、何も仕事ができないので、従業員に合わせたパソコンが必要になります。これで情報を取り入れたり、お客様とメールでやり取りしたりなど利益に繋げることができます。メリットが多いパソコンですが、危険なこともあるので注意することが大切です。ウイルスが侵入してくるとパソコンに入っている情報が全て盗まれてしまうので、その場合に備えて仮想デスクトップにすればウイルスが侵入しても情報を盗まれる心配が無いです。働いている従業員にも会社の情報を取られる心配が無いので、外部と内部からのウイルスの侵入を防げて、快適に経営することができます。


仮想デスクトップを使うだけで作業効率UP

OSのアップデートに伴い、多くのパソコンで仮想デスクトップが使用できるようになりました。仮想デスクトップとは、全画面表示のソフトを複数立ち上げたり、いくつものデスクトップ画面を追加できる機能です。これによって作業効率は大幅にUPします。さらに画面が見やすくなる、といったメリットもあります。これまで一つの画面で作業していたことを複数の画面で作業できるということです。これまでディスプレイが複数ないとデスクトップの拡張はできなかったのですが、これを使用することで複数のデスクトップを購入する必要がなくなります。特に表計算ソフトやホームページ作成をしている方にオススメできる機能と言えるでしょう。そしてこの機能で一番頻繁に使うであろう使い方。それは調べ物をしながらブログを執筆する、ゲームをプレイする、などです。ほんの数秒で画面を切り替えられる仮想デスクトップ。僕のようなライターは必見の機能です。

クラウド環境にVMごとの性能保証を提供します。 VMwareを始め、Microsoft Hyper-V、RHEV、Citrix、OpenStackなどを混在して稼働できます。 単一のストレージスステムで、数千台もの仮想デスクトップ(VDI)をサポートし高速かつ安定に稼働。 開発作業の遅れを引き起こすパフォーマンス問題を解消! 大規模なVDI環境に安定した性能を提供します。 仮想デスクトップのことならティントリジャパン合同会社